こげぱん紹介文



こんにちは!

今日は、2010年の日本映画、
湊かなえによる同名のベストセラー小説の
映画化作品である「告白」を紹介するよう。
※舞台が学校でタイトルが「告白」なので
甘酸っぱいのを期待するけど内容は真逆だよ。

7QEGgaJmrJCklBI1573631883_1573631953


この作品はショッキングすぎる内容から賛否両論、
話題騒然となった作品だよ。
僕も視聴した日から、この作品の事で三日三晩頭を抱えたよ。

決して楽しい内容ではないけど、
つい見入ってしまう作品の内容で目が離せなくなっちゃったよね。
僕は目が離せなさすぎてドライアイになっちゃったよ。

視聴する時は、この作品の事で三日三晩頭を抱える可能性がある事と、
ドライアイになる可能性がある事を理解しておいてね。

【個人的評価👍】
点数:82/100
本当に見入ってしまう作品で
目が離せなくなる事間違いなし。
最後の最後まで楽しませてくれる作品だよ。
作品時間も106分と長くもなく短くもなく、
ちょうど良い時間だね。


以下、ざっくりネタバレなしのあらすじ。


この作品の始まりは、先生(森口悠子)の話を
全く聞かない中学校のクラスの
終業式後のホームルームから始まる。
(いわゆる反抗期だね)
告白 あらすじ1
(うるさい生徒達に動じず淡々と話す
先生にはかっこよさすら見え隠れしたよね)


淡々と話す先生はそのまま話を続け、ある告白を始める。
「わたしは、シングルマザーです。わたしの娘は、死にました。
 警察は、事故死と判断しました。でも事故死ではありません。
このクラスの生徒に殺されたんです。」と…。
びっくり衝撃おったまげな告白だよね。

案の定、騒いでいた生徒は席に着き先生の話に釘付けになる。
告白 あらすじ2
(衝撃の告白に僕自身もついうっかり釘付けになっちゃった)


ここからもホームルームでの衝撃の展開は続き、
終業式後のホームルームと共に森口先生は学校をやめていった。

時は進み始業式が始まり、クラス替えはない。
次は生徒達の森口先生の娘についての衝撃の告白が始まる。
告白 あらすじ3



告白の内容ももちろんなんだけど、
その際に出てくる生徒達の描写等もすんごい世界。
簡単に人間が変わっていくし、
唯一まともと思われた生徒もすんごいんだ。
開いた口も塞がらないとはまさにこのことだね。
告白 あらすじ4
(自分自身がまともな学校で育つ事ができてよかったって心底思ったね)


生徒達の告白からラスト衝撃の結末を迎える。
告白 あらすじ5


いったい誰がこんな結末を望んだのか!?

告白が進んでいくにつれて、全ての辻褄があっていくような感覚。
内容、展開どちらをとっても確実に名作だよ。


重たい内容を見たい、そこのあなた!!
見て後悔はさせない!!ぜひ!!!



告白
松たか子
2013-11-26




※当サイトは違法動画サイトとは一切関係ございません。
 権利元様からの修正・削除依頼は速やかに対応させていただきます。